SBヒューマンキャピタル

Teamともに「働く」を変える仲間

value

メンバー紹介

member01

最上 倫好Tomoyoshi Mogami

2011年新卒入社

  • これまでの経歴
    2011年新卒入社。大学時代は情報系の学科に所属しプログラミングを学ぶ一方、学業以外では飲食店のアルバイトとサッカーサークルの活動に明け暮れる。
  • SBヒューマンキャピタルでどんな仕事をしてきましたか?
    新卒1年目より一貫して「イーキャリアFA」の営業として働いています。1年目は新規開拓を中心に毎日TELアポと商談を繰り返すものの売上がなかなか伸びず、本当にしんどい日々でしたが、今思えばとても良い修行期間でした。2年目以降は新規開拓と合わせて既存クライアントのフォローや深耕営業も並行して任されるようになっており、現在では中堅・大手クライアントをメインに担当しています。また、人材紹介会社様の事業課題解決のサポートをしていくのが私たちのミッションですので、「イーキャリアFA」の営業だけでなく、オウンドメディア構築支援やマーケティング支援など、クライアントの課題に対してさまざまな観点からソリューションを提供しています。
  • あなたにとって「働く」とは何ですか?
    働く理由や目的は日々変化しますが、私にとって「働く」ということは自己成長のためのツールだと考えています。社会人1年目の頃は「働く」ということは生活に必要な報酬を得るための手段としてしか考えていませんでした。しかし、仕事を通して、さまざまな人と円滑な人間関係を作るためのコミュニケーションスキルや課題解決のために身に付けた知識、困難に直面してもあきらめずに乗り越える忍耐力など、非常に多くのことを学んだことで、その認識は徐々に変わってきました。

    自分が成長することで、自分が影響を与えられる範囲も少しずつ広がり、結果としてクライアントから「ありがとう」と言われることが増える。それが自分やチームの売上につながり目標達成の醍醐味を味わうことができる。この充実感や達成感は、まさに「働く」ということを通して自己成長したからこそ得られたものだと思います。これをさらに最大化し、社会により多くの価値を提供できるようになりたいと思います。