SBヒューマンキャピタル

Teamともに「働く」を変える仲間

value

メンバー紹介

member01

中原 麻優子Mayuko Nakahara

2008年新卒入社

  • これまでの経歴
    大学時代は接客業3つを掛け持ちし、人と接することの楽しさに気付く。2008年にSBヒューマンキャピタルに新卒で入社の後、ソフトバンクテレコム(現ソフトバンク)に出向し、首都圏にて法人営業に従事。2009年にSBヒューマンキャピタルに帰任。
  • SBヒューマンキャピタルでどんな仕事をしてきましたか?
    2009年に帰任してからは、「イーキャリアFA」の営業として首都圏の人材紹介会社様への新規開拓営業を担当してきました。その後大阪・名古屋マーケットに対して「イーキャリアFA」を販売していくべく、2年間は大阪と東京を行き来しながら営業活動を行ってきました。2014年には正式に関西支社立ち上げとなり、現在は関西支社にて引き続き大阪・名古屋マーケットの開拓を行っています。
  • あなたにとって「働く」とは何ですか?
    実家が長崎でスーパーを自営していたこともあって、幼少時から両親の手伝いをすることも多く、働くということが生活の一部となっている環境で育ちました。年間365日のうち、お休みは2日だけ。働くことと生活することがほぼイコールで、あまり働く事を特別に感じることもありませんでした。地域の方の生活のため、一緒に働く人たちの雇用のためなど、働き続ける意味や目的がたくさんあったんだろうなあと両親の想いが今になってわかるようになりました。

    両親と同じく、私にとっても「働く」ということは自分自身や周囲の大切な人たちの生活を豊かにする手段ですが、その対象を広げ、豊かさを享受する人を増やしていく努力をすることが大事だと思っています。昨今では若年層の離婚率が高まり、高齢化が進む中で、子育てや介護をしながら働く必要がある人もこれからもっと増えていきます。リモートワークやクラウドソーシングなど、たくさんの働き方を生み出し、それを広げていくことで、多くの方がより良い働き方を選択できるような世の中にしていきたいと考えています。